スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
絵は写真よりすごいんだ

わしは大学時代、美術部と柔道部に所属していた。そういうどっちつかずの生き方がわしの性格を如実に表していたわけだ。

すっかり記憶の彼方に消えていたことだが、実は今から25年前にわしら美術部員が描いた油絵が、ひょんなことから大学にもどってくることになった。

名古屋市が蓼科にもっていた保養所にわしらが学生時代に描いた油絵が飾られていて(それ自体を完全に忘れていたわけだ)、その保養所が取り壊しになるにあたって、絵の処分をどうするかという話になったらしい。そのまま破棄されるのはあんまりなので、絵を大学にもどしてもらって、それを機会に当時の美術部員が集まろうという話になったわけだ。とりあえず、今日のこの日まで大学生協の喫茶部に飾られていて、その場所でOB会が開かれた。

さすがに約25年ぶりの再開には、少々どきどきした。どんな顔をして入っていったらよいのか、誰がきているのか。まあ、皆、同じような気持ちだったろう。それぞれが、自己紹介をするうちには、場の空気は和み、昔の思い出が徐々に鮮明になってきた。飾ってあった絵は、「あーあれだったのか」と思い出したが、みるがみるまでどんな絵だったのか全くわからなかった。他の人たちの絵を見ると結構な秀作で、そこそこレベルが高かったんだなと改めて思った次第だ。

まあ、OB会がどんなに楽しかったのかをここで書きつづっても、これを読む人たちには何の関係もない話なので引いてしまわれるといけないので、このへんでやめておこう。わしが何を言いたかったかというと、「絵って写真よりすごいんだ」ということだ。

わが美術部には、生ける伝説と言われている、偉大な先輩がいる。誰もが、絶対にかなわないと素直に思ってしまう作品をコンスタントに作成されていた。その先輩は現在、脳神経外科をされているわけだが、その先輩について、わしの同期で同じ脳神経外科で研鑽した男が卒業後のエピソードを紹介してくれた。それは「手術記事の絵のすごさ」についてである。外科系で手術を行う場合は、どの分野でも、手術後に詳細な手術記事が書かれる。それは手術の詳細なプロセスと、手術部位のイラストからなる。生ける伝説と言われた先輩の技術はそこで発揮されていたようだ。わしの同期の男がいうには、言葉にならないほどすごいものだったそうだ。

そしてさらに、その男が言った、「そういう絵を見ていると、誰が何を意図して、どのような手術をしたのかが鮮明にわかる」というのだ。わしは愕然とした。「いくら正確で詳細な絵であっても、写真に比べたら、どう考えても劣るだろう、特に科学の分野では」と思っていたからだ。そうか、人は単に中立的な情報を眺めているわけではないんだ。その形の中に、意味とか情熱とか苦労とか、さまざまな人としての営みをみているのだ。そして、人が本当に知りたいこと、本当に感動することは、きれいで鮮明な画像ではなく、そこからにじみ出てくる、あるいはあふれてくる、人の心の動きなのだ。だから、鮮明な写真より、肉筆で描かれた絵の方が価値が高いのだということが何となくわかった。

コンピュータが間違いなく奏でる電子音楽より生の演奏に感動するのかのように、デジタルよりアナログなものになぜか心を引かれるのも同じことだろう。人はただ単にビットからなる正確な情報を知りたいのではない。一見、不規則のような固有の規則性やゆらぎ、不安定に見える安定感、そういう微妙なもの、二度と再現されることはない、その瞬間だけに誕生した形の中に、無尽蔵のエネルギーを感じ取るのだ。

逆に言えば、デジタル文化に飼い慣らされてしまうと、そういう微妙なエネルギーを感じ取る感覚が麻痺して、正確さ、鮮明さ、いつみても同じということに安心を得るようになってしまうのではないだろうか。そうなれば、人間にとってもっとも人間らしい部分を失ってしまうような気がする。

芸術は品評会ではない。おそらく、そういった微妙なエネルギーを表現したり、感じ取ったりする修練の場なのだと思った。

そんなことを感じさせてくれたのも、今回のOB会のおかげである。会の開催まで骨を折ってくださった方々に感謝します。

スポンサーサイト
【2007/07/07】  この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。