スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
人間は横隔膜だ!
動物は横隔膜だ! 

ある時、深夜番組「草野キッド」を見ていたら、ゲストで寺門ジモンが出ていた。ダチョウクラブのなかでも一番面白くない存在だ。しかし、彼の身体能力の高さは有名ではある。自ら「ヒクソン・グレイシーに勝てる」というくらいだ(誰も信じちゃいないが)。

彼が、「熊にも勝てる」といい、「横隔膜理論」を展開した。ライオン、熊など、猛獣はうなり声で相手を威嚇する。うなり声は横隔膜を振動させて発しているというのだ。そして、熊と対峙した場合はこうだとうなり声を発してみせた。これで熊は寄ってこないというのだ。

おまえは、ムツゴロウかと突っ込みたくなるかもしれないが、彼はその理論を小学生の時に思いつき、山籠もりをして現在に至るまで鍛練してきたそうだ。

その理論は、芸能界最強の一人、草野仁をうならせ、これからは、藤岡宏と同格に一目置くと言わしめた。このエピソードはよほど、世の人々の心を打ったとみえて、「寺門ジモン、横隔膜」でネット検索してみたら、同じような話がいっぱいでできて二重に驚いた。

そんなことはどうでもいいのだが、横隔膜が大事ということについてだ。

ある患者さんが、ボイストレーニングに通うようになったと聞いた。そうしたら、自分のことが分かるようになってきた、今まで気づかなかった自分の内面的なことにいろいろ気づくようになったというのだ。

ジモンの横隔膜の話とボイストレーニングの話と何の関係があるか、そこが重要だ。共通することは「振動」という要素である。熊をも恐れさせたのは横隔膜の振動により発せられるうなり声である。

ボイストレーニングをネットで調べてみると、「横隔膜」ということがキーワードのように書かれている。通常の発声を胸式発声といい、腹から声をだすことを腹式発声というらしい。体育会系だと「腹の底から声を出せ」という言い方をよく耳にする。腹から声をだす、横隔膜を動かして声を出すと、体の中で大きな振動が起こるということだ。

そして、その振動が重要な役目をする。人間の体の6-70%が水分だと言われ、水分は振動をよく伝える。振動は脳に大いなる影響を与える。音楽もそうだが、宗教で木魚や鐘がよく用いられるのは、ある種の振動が人間の脳を安定させることを昔の人は経験的に知っていたからだろう。

例えば、頭の中であることを考える。それは思考としては、確実に意識される。しかし、声に出してその考えを話す、特に大きな声で話すと、その影響は頭の中で考えているだけより、遙かにインパクトが大きい。こころで「ありがとう」というより、声に出して「ありがとう」とはっきり言うと、気持ちがよいものである。頭の考えは、体に何も響かないので、勝手に暴走したり、分からなくなったりする。声に出して体で考えを理解できるようになると、少しは何かが違ってくる。カウンセリングというのは、何か考えをめぐらせることに意味があるような錯覚があるが、自分の考えを声に出すこと自体に意味があるのである。声に出すことだけで、理解が身体レベルまで広がり、考えがより安定するのではないだろうか。声を出すことで、体を感じるようになる習慣がついてくると、常に物事を頭だけではなく、体全体で理解し感じるようになるのだろう。そうなることで、表層的な理解から深い理解にができるようになるのかも知れない。

 

言葉は言霊というように、昔から重要な意味があるとされてきた。ものにそれぞれの言葉=音が与えられているが、それは何も偶然適当に与えられているわけではないだろう。その物に与えられた音に、何か人として重要な振動が秘められているなら、我々はもっと正確に言葉を声に出して生活すると良いのかも知れない。そもそも、我々はなぜそれがその音で表現されるのか分からないのだから。太古の昔から人類が果てしない年月をかけて、その音を発することを選択したのは、少なくとも我々の小賢しい屁理屈よりは、はるかに生物学的な意味があるだろうから。伝承された形や音はもっと大事にすべきなのだろう。

話が相当ずれてしまったが、声を出し、振動を感じることの重要さを感じてもらえたら幸いだ。
スポンサーサイト
【2006/11/19】  この記事のURL | 心療内科関連 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。