スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「CUBE」を見た

hana1.jpg以前「CUBE2」という映画をみた。言われなく、四角い部屋に閉じこめられて、脱出しようとしても、トラップにひっかかって死んでしまう。登場人物は全員助からないという救われない映画だ。前作「CUBE」というのが、マニアの間では評価が高いことは知っていたが、見る機会がなかった。最近、「CUBE ZERO」という映画のDVDがでて、それは「CUBE」の前作に当たるというふれこみだったので、とりあえず見た。ネタは同じようなもので、やはり救われない映画だった。そこまで見たら、第一作目の「CUBE]を見るしかない。DVDがあることがわかったので、レンタルして見た。内容はほとんど同じで、作成された時代の違い、予算の違いを感じさせる以外、ネタはほとんどいっしょ(というより、それが元になって、CUBE2 CUBE ZEROができた)、救われない映画だった。

その映画「CUBE」の内容はともかくとして、映画の中の台詞にちょっとしびれたので、紹介しよう。

閉じこめられた人同士は、全く面識はない。ともに行動する内にお互いの素性を徐々に知っていく。メンバーの中に、警察官がいて、もう一人、やたらトラップに詳しい男がいて、「なんでおまえはそんなにトラップに詳しいのか」と質問し、ふとその男の名前をみて、警察官は思い出した。そう、有名な脱獄犯だった。いくつもの難攻不落の刑務所を脱獄してきた、脱出の達人だったのだ。それで、一同は喜ぶ。この男に従っていけば、脱出できるかもしれない!と。

その時、男が語る言葉にしびれたというわけだ。前振りが大変長くなりました。その台詞とは

「考えるな(考えすぎるなだと思う)、想像もするな、目の前のことだけを考えろ。脱出は難しい。自制心が必要だ」

という台詞である。なんで、こんな台詞にしびれたかというと、私が今、もっているイメージに近かったからだ。病気になるということは、まさにトラップに引っかかったような心境だと思う。「何で自分だけが、どうしてこんなことに」という思いにさいなまれるだろう。そして「ここから、どうすれば出られるのか、本当にでられるのか、もはや助からないのではないか」そんな気持ちにもなるだろう。まさに迷路にはまったのと同じイメージではないか。

通常、原因探しをしたり、いろいろな方法を考えたり、する前から、いろいろ想像したり、現実と想像の区別がつかないまま、どんどん気持ちは不安定に、そして悪循環になっていくと思う。普通の治療のイメージだと、「どうしてこうなったのかよく考えましょう」「あなたの生い立ちの中に、きっと答えがあるはずです」「これからどうしたらよいか、よく考え、こうなりたい未来をイメージして、ポジティブに考えましょう」などなど、言われたことはないだろうか。

確かに、場合によっては、そのやり方が有効な場合もあるだろう。しかし、難しい病態であればあるほど、そういったやり方は有効でないどころか、問題をこじらせることが多いと思う。難しい病態を、脱出困難なトラップと置き換えてみると、映画の登場人物がいう言葉が胸に響く。「あれこれ考えすぎるな、あれこれ想像するな、目の前の事だけ考えろ(今、目の前にあることを行うことに集中しろ、それだけやり遂げることを考えろ)。回復は簡単ではない、自制心が必要だ(決してあきらめず、自分の感情に飲み込まれたり、振り回されたりせずに、行動しろ、そうすれば、必ず脱出できる!)。」そんな感じだ。

私は、本当にそう思う。普段から始終、一日中、そんな緊張感をもって、行動しろと言うことではない。われわれは、決して、監獄に閉じこめられているわけでもないし、命をねらわれているわけでもない。ただ、時として、心が揺らいだとき、よからぬ考えに流れそうになったとき、この言葉を思い出して、心の揺れを最小限にとどめようではないか。

「考えるな、想像もするな、目の前のことに集中しろ。脱出は難しい、自制心が必要だ」

スポンサーサイト
【2006/07/09】  この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。